GitLab上のプライベートリポジトリgemを使ってNetlifyで静的サイトをビルドする

書きたくて書いてないものは溜まっているけど、書けるところから書くということで。

Netlifyで静的サイトをビルドしてたのですが、自力でジェネレーターを書いていて、そのジェネレーターのソースがGitLab上のプライベートリポジトリに(gemとして)あったわけです。で、どうやってNetlifyからGitLabにアクセスするか。

分かって見ればそんな難しくなかった。

  • GitLab個人設定画面トークンを発行・メモ
  • Netlifyの各サイト設定画面 → Build & Deploy → Continuous Deployment → Build environment variables に以下を追加
    • Key: BUNDLE_GITLAB__COM (COMの前のアンダースコアは2つ)
    • Value: gitlab-ci-token:<さっきのトークン>
  • 最後にこんな感じでGemfileを書いて git push!
git_source(:gitlab) do |repo_name|
  "https://gitlab.com/#{repo_name}.git"
end

gem 'some_private', gitlab: 'yourname/some_private'

まぁNetlifyに限らない小ネタでした。ググっても判然としなかったので、メモも兼ねて。

デルアンバサダープログラムその1: まずWindowsを消します

ふとしたきっかけでデルアンバサダープログラムを知って応募し、そのモニターとなって記事を書くことになりました。機会を与えてくださったDellさん、ありがとうございます。

dell-ambassador.com

モニター対象のお借りしている機種は、ノートパソコンの New XPS 13 です。もちろん今も、その上で書いています。

これの右側、シルバーモデルですね。

なぜかバタフライのように並ぶノートPC二台

TL;DR

Linuxユーザーも心配なく買い。

おことわり

まず、いきなり物騒なタイトルをつけて申し訳ないです(特にDellの中の方)。自分、Linuxユーザーなんです。もう10年以上、生活はLinuxの上。

そういうわけで今回、 Linuxのインストールと動作を試すこと に集中することにしました。

ただモニターの条件として「返還不能及び修理不能の状態になった場合には、借入物品の価格と同額を弁償していただく場合があります」と明記されています。つまり自力で元に戻せなかったら、そのまま「お買い上げ」になります。

そういうわけで、これからモニターを申し込もう、という方にはあんまりおすすめしません。あくまで自己責任で。

(なおこれ書いている時点ではLinuxが入っているので、当然Windowsの復元はまだ試していません。うまく元に戻るのか、いやー楽しみですね!!1)

Linuxの入れ方

自分が申し込んだ背景は別エントリに譲る(いつか書く)として、さて早速Linuxの入れ方のコツを書きましょう。結論としては、ネットにすでに出ている情報にさえ気をつければ問題なく入りました。

あ、入れたディストリビューションは、長年愛用している Debian の安定版(stretch)です。

Windows回復ディスクの作成

あなたがアンバサダーモニターでなくても、Windowsを消し去る意志があるならば、なにはともあれWindowsを復元できるようにするための回復ディスクを作っときましょう。

ちなみにこの時、16GBのUSBメモリが必要だと言われました。容量不足には注意したいところ。

Linuxインストール用USBメモリの作成

LinuxをインストールするためのUSBメモリを作ります。Debian stretchなら、 このへん からISOイメージを持ってきて適当に焼けばOK。

BIOS設定変更その1: SATAコントローラーをRAIDAHCI

この辺、機種固有のコツっぽい話です。

そのままインストールUSBメモリから起動してインストールを進めても、インストール先であるSSDインストーラー画面に出てきません。なんてこった。

どうもSATAコントローラーの設定が「RAID」になっていてそれがあからさまに怪しかったので、「AHCI」にするとうまくSSDが出てくるようになりました。

調べたら、ネットで既出ですね。あ、起動時に連打するのはF12キーです。

BIOS設定変更その2: Secure Boot→Disable

もう一つBIOS周り。少なくともDebian stretchは、というディストリビューション側の話ですが、Secure Bootに対応していないので、設定でこれを切っておきます。

ようやくインストール……の前に必要なファイル

さてようやくインストールに進めるのですが、このままだとちょっとめんどくさい。Wifiが繋がらないのです。

Debianだと、 ふぁっきん non-freeな firmware-atheros というパッケージが追加で存在しないと繋がりません。デフォルトでは入らないので、別のUSBメモリかなにかにダウンロードして入れときましょう。

ちなみに自分はどうやったかというと、USBハブを使ってインストール用メモリとこの追加パッケージメモリの両方をつなげたまま、インストールを進めました。勝手にパッケージを見つけてくれるので一件落着。

C: 相当の部分にインストール

さてようやくタイトルの伏線を回収できます。USBメモリをおもむろにつなぎインストールを進め、インストール先として一番大きなパーティション( C: 相当)を指定します。Windowsさようなら。

ただ、その他のパーティションはどうもWindowsが作ってるらしいので、今回は復元で躓かないため、そのままにして置きました。スッキリ消しちゃってもいいのかも。

そういうわけでうまく使えてます

そういうわけで、New XPS 13にもLinuxが問題なく入りました。自分のデスクトップ環境は GNOME ですが、特に不満や引っかかるところはなく使えています。

  • ディスプレイがきれい、が第一印象。13インチに3840 x 2160なのですが、うまくHiDPIを認識している? のか、あんまり小さくもなっていないです。
    • ただ自分はグレアあんまり好きじゃないので、買うならノングレアフィルターも一緒に買うかな……
  • キーボードもそう違和感はなく。今メインで使ってるのはThinkPad X260ですが、少なくともそれと比べて大幅に「打ちにくい」感はないです
  • あぁちゃんとLinux固有のことも書かなくちゃ。タッチパッドも普通に使えてます。デフォルトで2本指スクロールも使えて快適。
  • タッチパッドの中央線付近を使うことで、中クリックも勝手に認識されています。
  • 内臓のWebカメラも勝手に認識してますね。 Cheese で確認。
  • あとは何だろうな。昔は鬼門だった電源周りも問題ないです。サスペンド・ハイバネートともにうまく行ってます。 systemctl suspendsystemctl hibernate で確認。
  • あーあと、 NVMeなSSD速い。(X260はSATAのを使ってる)

ということで次回・最終回、「LinuxからBIOSを上げます」に続きます。

Ruby Summer of Code近況報告

※この記事は、私の英語版ブログのエントリをベースに和訳しています。

自分のRuby Summer of Codeプロジェクト、 Decimal はうまく行ってる感じです。

中間評価のためにいくつかの目標を設定しましたが、すべてがほぼ終わりました。

ただ注意していただきたいのは、この夏の作業が最新のtarball/gemに反映されていないことです(ごめんなさい…)。最新機能を試される方は、プロジェクトのsubversionレポジトリのtrunkからcheckoutをお願いします。(間もなく行う次のリリースには反映されます)

設定していた目標を順番に挙げてみます。

Webページの作成

まず最初に、シンプルなWebページを作りました。

http://decimal.rubyforge.org/

単純過ぎかもしれません…が、必要な情報は載せたつもりです。少なくとも以前の(殺伐とした)ものよりは、良くなりました :)

以下のような情報が載っています。

  • ダウンロード・インストールの手順
  • 最新のAPIドキュメント (リファレンス)
  • メーリングリスト
  • コード例

数学関数の実装

最近の作業の中では、一番分かりやすい部分だと思います。

計24個の数学関数をDecimal::Math.function()として実装しました。もちろんテストケース付きです。ほとんどの関数はBigDecimalに欠けていたもので、::Math.function()としてFloat用にだけ存在していたものです。

  • acos(x, n)
  • acosh(x, n)
  • asin(x, n)
  • asinh(x, n)
  • atan(x, n)
  • atan2(y, x, n)
  • atanh(x, n)
  • cbrt(x, n)
  • cos(x, n)
  • cosh(x, n)
  • erf(x, n)
  • erfc(x, n)
  • exp(x, n)
  • frexp10(x) (frexpのマネ)
  • hypot(x, y, n)
  • ldexp10(x) (ldexpのマネ)
  • log(x, n)log(x, arbitrary_base, n)
  • log10(x, n)
  • log2(x, n)
  • sin(x, n)
  • sinh(x, n)
  • sqrt(x, n)
  • tan(x, n)
  • tanh(x, n)

上記に加え、pi(n) と e(n) もあります。

xyには、DecimalIntegerが指定できます。またnには(多くの場合、正の)Integerを「スケール」(scale)として指定します。これは「小数点以下n桁」という意味です。

以下がその使用例です。


Decimal::Math functions test


簡単でしょ? ;)

全関数がテストを通っており、ほとんど仕様も固まっているので、それほど大きなつまづきもなく使えると思います。チェックしてみてください! (ドキュメントは間もなく追記予定です。)

ただ残念ながら、gammalgammaという二つの関数だけが未実装です。これが、まだリリースができていない理由です。

最新のRubyへの対応

DecimalはRuby 1.9.1と1.9.2devに対応しました。Ruby 1.9.1でBignumの実装が改良されたので、Decimalを1.9.xと一緒に使えば性能も上がります。 (Decimalは内部的に、BignumのAPI群に依存しています)

もちろんRuby 1.8.xでもDecimalは使えますが、上記の理由から1.9系を推奨します。

またRuby 1.9.xで新しく導入されたC API群を、Decimalは適切に認識し、利用します。

既知のバグの修正

SEGVを起こしたり、誤った値を返したりするような、既知の致命的なバグは直しました。他にもバグや未確定の仕様はありますが、いじってみるためには十分安定していると思います。特にBigDecimalとスピードを比べてみてください。新しいだけあって、だいたい全部速いですよ。

次のリリースは……このあとすぐ!

残りの数学関数が実装・テスト完了次第、現状を「Decimal 0.1.0」としてtarballとgemでリリースする予定です。

もしDecimalの最新情報を手に入れたいという危篤な方は、日本語でおkなdecimal-talk-jaメーリングリストか、ここのフィードを見ていただければ幸いです。(英語ブログの方を優先して更新しますが、随時こちらにもportします。)

というわけで、次のリリースまでチャンネルはそのまま!

ArrayとHashの非対称性

同じところ

両者とも、[]メソッドによる存在しないキーへの参照に対しては、nilを値として返す。

[1][1] #=> nil
{a: 1}[:b] #=> nil

またそのようなケースが望ましくなく、存在しないキーを渡した時に例外を上げたい場合には、fetchメソッドが使える。

[1].fetch(1) #=> (IndexError)
{a: 1}.fetch(:b) #=> (KeyError)

違うところ

Hashならば生成時に、[]メソッドによる存在しないキーへの参照に対し、nil以外の値をデフォルト値として指定することができる。

Hash.new(:void)[:b] #=> :void

一方、Arrayはそれが単純にできない。nil以外の値を返したければ、fetchメソッドの第二引数にそれを毎回指定しなければならない。

{a: 1}.fetch(:b, :void) #=> :void

fetchメソッドに関しては、Hashも同様に第二引数を指定可能だ。Hash.newでデフォルト値を指定しても、fetchに第二引数を設定すれば、後者が優先される。

Hash.new(:void).fetch(:b, :anothervoid) #=> :anothervoid

思うところ

何でArrayでデフォルト値の設定ができないのだろう?
Hash同様、fetchの第二引数を指定する方法はあるが、毎回指定するのでは「デフォルト値」= 「怠惰なケース」のとしての旨味が薄くなる。要は、すっきりしない。

具体的なケース挙げて、Array.newでデフォルト値を指定できるよう、仕様変更を引き出す人を所望します。

未踏アナウンスktkr

ついったログ見てたら需要がありそうなので、mixiからport。

25日夜九時ごろ。登録していたIPAメールマガジンに、ようやく「未踏」の文字が載りました。「未踏ソフトウェア創造事業」あらため、「未踏IT人材発掘・育成事業」です。
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:未踏/セキュリティ・キャンプ

何で遅れたのよ! もう今年度は始まってるのよ!!

元々自分の知る限りでは、少なくとも昨年8月の時点で「見直し」の方向が明示されていました。(経済産業省のPDF)
8ページ目から:

未踏ソフトウェア創造事業」…については見直しを行う…「スーパークリエータ発掘・支援事業」…に名称を変更

この時点で、名称や内容を変えた上での存続は決まっていたことになりますね。
続いてクリスマスイブに出た文書でも「行政改革」(gyoukaku.go.jp)の一環としての廃止が明記されています。(PDF)

未踏ソフトウェア創造事業につき、平成19年度で廃止するものとする

んなわけで、特に後者がソースと見られるウワサを聞いた人にとっては「未踏なくなるってよ!」という話も真実味を帯びていたのかもしれません。が、名前はさらに変わったものの、8月の文書どおり存続ということになったようです。
というのがおそらく、アナウンスが遅れた経緯。

どこが変わったって言うのよ! 全然分かんないわ!!

さて、肝心の中身です。
なんだかんだ「見直し」とか言ってても、正式名称以外は俺が思った以上に変わってなかった。

  • 略称は「未踏」を堅持
  • 本チャンとユースの二本立て
  • 期間も上期・下期の二本立て

ぶっちゃけ要項見ても、一番何が変わったか分からん。
……と思っていたら、ユースを狙う大学生・院生に耳寄り(i.e. 残念)なニュースが! (ユースの要領PDF)

2008年4月1日現在、25歳未満の個人又は個人からなるグループであること

ヒャー。ちゃ〜ん。対象年齢下がってるよ〜。ここは門が狭くなったわけね。
まぁ前の名称の時から「目的は人材発掘」って言ってたわけで、名前とともにユースの目的もそれに合わせたのはそんな悪いことじゃない気もする。
まぁ「下限はありません」なので、幼稚園児の娘・息子を代表者にパパが支援して稼いじゃえばいいと思うよ俺。
そして俺が一番気になってたんが金額。上記の通り、政府の文書からは「合理化の一環として見直し」という空気が芳しく漂ってたので。
実際、要項のPDFをざっと見てみたらこんな感じ↓。

  • 本体: プロジェクトあたりの上限700万、人件費は時給4000円に固定
  • ユース: プロジェクトあたりの上限300万、人件費時給2000円固定
  • 共にプロジェクト管理組織費用は50万に固定

昨年度とそれ以前を詳しく知らんけど、上限額だけ見る限りは変わり映えしないような。固定とかが新しいんだろうか。
いずれにせよ、審査が厳格寄りになる可能性は避けられないのかもしれない。

結局いつなのよ! 優柔不断もいい加減にして!!

しかしそれにしても、スケジュールがgdgd。アナウンスがここまで延びたから、開発期間は

  • 上期: 7月中旬〜3月上旬
  • 下期: 12月中旬〜8月上旬

らしいよ。センセー、どこの国のこよみを基準にした「上下」なんですか〜 (?_?)/
まぁいいや。とりあえず上期お申し込みの〆切は

  • 本体が 5/30
  • ユースが 6/16

らしいですよ。応募しる > 興味持った全員!!
俺としては別件があるから応募しずらいんですよねぇ。ユース出す気マンマンだったのに……でも年齢制限も近づくし、悩みどころ。

そう、分かったわ……でもオチがないじゃない!

まぁつくば民的に注目すべきは

  • 本チャンPM全体に占める 2 / 9 が本学教授 (二郎ちゃん + 加藤先生)

という一点でしょう。 筑波大シェア = 22.2% (笑)

なに、まだ何かあるの? (i.e. 追記)

調子に乗ってスラドにportタレこんでみた。